たまごボーロのカスでイライラ!その解消法とは?

スポンサードリンク

2歳10ヶ月男の子、イヤイヤ期がすこしおさまってきたような気がします。

でも、発作を起こしたようなかんしゃくは、まだまだ起こします。

トーマスとあんぱんまん、おさるのジョージが大好きっ子。

そんな息子のある行動にイライラしています。

それは、

たまごボーロのカス!

スポンサードリンク

息子がたまごボーロを食べる際に、粉々に砕いてしまう事に困っていました。

せっかく丸型のたまごボーロを、わざわざ粉々に砕いて、お皿の外に出してしまうので、床も散らかるし、よだれでベチャベチャになってしまいます。

なぜそんな食べ方をするのかわからず、怒ってしまったり、きちんと食べるように言い聞かせてみているのですか、なおりません。

私をこまらせようとしているのか、ただただバラバラになるのが楽しいのか、まだあまり言葉がうまく話せないので、なんの為なのかわかりません。

話す言葉は、あんぱんまん、ばいきんまん、トーマス、パーシー、ゴードンの連呼、どーぞー、かわいー、うるさーいなど簡単な言葉です。

おやゆびをしゃぶりながら、ドタドタと歩きまわっては、たまごボーロのカスを撒き散らしています。

たまごボーロのカスにイライラしない解消方法

バラバラになったカスにたいして、イライラしてしまっても、なんど言い聞かせても、なおることはなさそうなので、ほうっておくことにしました。

なぜ細かくしているのか、しばらく観察してみようとみていると、小さくなったたまごボーロのかけらを、小さなトーマスとパーシーのおもちゃに、どーぞー。をしはじめました。


なるほど、トーマスとパーシーにあげるために粉々にしていることがわかりました。

かたづけるのは、面倒くさいし、踏むといらっとしますが、トーマスとパーシーにもあげて、おやつを分け合う優しい気持ちは、とても素敵なことだなぁと思いました。

優しさに免じて怒るのはやめようと思いました。

彼の中では、大事なルールがあってやっていることで、頭ごなしに怒らず、観察してみるのも楽しいなと思います。

まとめ

部屋が片付かない事自体の悩みは解決していないけれど、誰が教えたわけじゃなくて、自分で気づいて、分け合うような、優しい気持ちに感動しました。

なにをしているのか、わからなくても、一度観察してみると、大人には考えつかない角度で、物事をみている子供から教わることもたくさんあります。

見逃さないように、楽しめる心のよゆうも大切です。

PS
コードレス掃除機は、助かります。

(30代主婦の悩み体験談
子供は2歳10ヶ月男の子で、子供は1人)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*