ピアスでできた肉芽をクエン酸で治せる?

スポンサードリンク

最近は、老若男女ともにピアスをしている人が増えてますよね。
ピアスをすることは問題ないですが、ピアスが原因で肉芽が
できてしまって痛い思いをしている人も多数いらっしゃいます。

そこで、ピアスでできた肉芽をクエン酸治療で治るか調べてみました。
azs

スポンサードリンク

必要なもの

・クエン酸(結晶状) 洗剤用・食用・工業用などの種類があり薬局や100均で購入
洗剤用は刺激が強いので、食用のクエン酸を使用して下さい。

・お湯は人肌より少し熱めを用意

・肉芽部分の大きさにしたコットンもしくはティッシュ

治し方

この方法は、素人療法につき自己責任でお願い致します。

注意点 皮膚の弱い方はクエン酸治療で皮膚が荒れてしまうこともあり、別の部位で
バッチテストをして下さい。

お湯にクエン酸をたっぷり溶かし(大さじ10杯位)舐めてかなり酸っぱいと感じるくらい。

それにコットンを浸し、患部に貼り付けます。その際に痛みがありますが10分位で
剥がして、洗い流して下さい。

毎日クエン酸をつけていると、肉芽が黒いカサブタ状になり個人差はありますが
4〜5日でどんどん肉芽が治癒され、かさぶたがボロボロになり肉芽がとれます。

但し、この方法で一度で肉芽が上手く取れ場合もありますが取れない場合は、これを
繰り返していけば肉芽は小さくなります。

肉芽が小さくなったからといっても、これは根本的な治療ではありません。

肉芽の出来る原因は、ピアスにありますのでピアスを外すことをお勧めします。

補足ですが、軽度な肉芽の場合にはクエン酸治療をする前にホットソークを
試してみて下さい。

ホットソークとは、ソルトソークとも言われる塩水で治す方法で
やり方は簡単です。

温水(40度くらい)に、食塩を0.9%を加えて生理食塩水を作ります。
浸し方は、耳でしたら生理食塩水を小さな容器に入れて、それを枕代わりにして
頭を乗せ耳を浸します。浸す時間は10〜15分位浸しその後洗い流して下さい。
これを、1周間ほど朝晩2回します。

最後に、クエン酸治療で症状が改善された方もいらっしゃいますが、どうも
改善されないと思われたら皮膚科の病院で診てもらいましょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*