斉藤ともこの結婚・離婚 !不倫?子供と大学は?【THE フライデー】

スポンサードリンク

斉藤ともこさんが「爆報!THE フライデー」に出演しますね。

久しぶりに、この名前をみました。

どうしていたんでしょうか。

青春ドラマのヒロインという印象が強いですが、結婚・離婚・不倫・子供や大学について
調べてみました。

MW-W93-1251
出典:http://mamintyu.com/saitotomoko-bakuhou-1214

スポンサードリンク

斉藤とも子さんのプロフィール

名前:斉藤 とも子(さいとう ともこ)
本名 :斉藤友子
誕生日:1961年3月14日
血液型:AB型
身長:159cm
出身地:兵庫県神戸市北区
職業:女優

父と妹がいます。

家族は、小学6年生のときに母親を癌で亡くし
この時期に放送されていた、日本テレビのドラマ『微笑』が自分の境遇と同じだったことから、感激しこれがきっかけとなり、芸能界入りを目指した。

最初は女優になることを父は反対していたようですが「マイブック」という番組を喜んでいて当時1万円もする「Uマチック」というビデオテープで録画していてくていたそうです。

1976年 『明日への追跡』でデビュー。

1978年
『若い広場』の中のコーナー「マイブック」で注目を集め、
『青春ド真中』、『ゆうひが丘の総理大臣』に出演

1979年 占い師のアドバイスにより芸名を「斉藤友子」から「斉藤とも子」に変える。

1984年 『ひめゆりの塔』に出演。

その他、映画・TVドラマ・舞台など多数出演

34歳からの大学

女優をするのに、なぜ勉強しないといけないのかわからなかったという理由で、東京都立代々木高等学校2年で中退。

離婚後、34歳の時に、高校は中退していたので大学入学資格検定を受け合格
そして3浪の末、東洋大学社会学部社会福祉学科に合格。
社会福祉士の資格を取得し、東洋大学大学院にも進学。

大学へいこうと思った理由は

「タイランド・陽光の子供たち」というドキュメンタリー番組の仕事で、タイを訪問しそこで生活をしている人を見て、自分は何のために生きているのか、私は何をやってきたのかと考えるようになり社会福祉に興味を持ったようです。


井上ひさし先生の戯曲「父と暮せば」で、被爆した娘役の話しがあり
広島に行き、被爆者の方と会い話しをして交流を重ねていているうち
村上須賀子さんという方を紹介され原爆小頭症患者の親子の会「きのこ会」
と出会う。

2005年
同大学院社会学研究科福祉社会システム専攻終了。
論文集『きのこ雲の下から、明日へ』を上梓。

結婚・不倫・浮気・離婚について

1987年 斉藤とも子さん26歳で、25歳年上の芦屋小雁(あしやこがん)さんと結婚

芦屋小雁さんは結婚されていて、斉藤とも子さんと出会った時は奥さんと別居中だったそうです。

不倫関係や年の差婚ということで、かなり話題になっていました。

優等生の生徒役などを多くしていたので、クリーンなイメージが強く
最近、それに近い話しも別の方で報道があり、また離婚話も多く芸能界は
どうなっているのでしょう。

1995年に離婚、8年間の結婚生活でした。

芦屋小雁さんとの間に2人の子供が生まれ、男の子と女の子だそうです。

離婚の原因は芦屋小雁さんの浮気?

詳細は分りませんが、芦屋小雁さんは離婚後間もなく女優の勇家寛子(ゆうかひろこ)さんと結婚されたようです。

多分ですけど、斉藤とも子さんと結婚されてる時からその女性と付き合っていた?

そうであれば、奪うという言葉は適切ではないかもしれませんが、
結婚の時は奪い、離婚の時には奪われたってことでしょうか。

人生いろいろってことですかね。

「爆報!THE フライデー」

8時だよ全員集合いらい、30年ぶりの出演です。

現在はデイサービスで働いているとか。



斉藤ともこさんの登場は、2分50秒から


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*