花粉症の時期!洗濯物を外で干すには?

スポンサードリンク

花粉のシーズンが近づいてきましたね。
そこで気になることと言えば、花粉の飛散が気になり
洗濯物を外で干すことに抵抗があるのはではないでしょうか?

花粉症でない人であれば全然問題ないでしょうが、自分自身や
家庭内に一人でも花粉症の人がいればとても気になりますよね。

家に乾燥機は持っていないし、室内では衣類の生乾きのニオイが気になったりしてあまり干したくない。
だからってコインランドリーで乾燥するってのも、お金もったいないし
と考えられてる人は多いかと思います。

そこで、花粉シーズン中に洗濯物の外干しの方法について調べてみました。
senntaku

スポンサードリンク

洗濯物を外干しするときに注意すること

花粉の飛散量を考える。
これを知っておくことでかなり違います。

時間帯に注意する

花粉の飛散量が多いとされているのは、晴天で気温が高く乾燥している日で
時間帯は午後12時~3時ごろと言われています。

外に干すときはこの時間帯は避けて干しましょう。

風の強い日、雨上がりの晴れた日に干さない

風の強い日は花粉が多く飛散していることはとうぜんですが
雨上がりのあとは、最も飛散量が多いと言われています。

雨が降ったら花粉も流れるから大丈夫と思っている人もいますが、花粉は粘着力があり
簡単には流れないので落ちた花粉が乾燥し再び飛散するので花粉の飛散量は増えています。
これは、是非覚えておいて下さい。

夜でも風の強い日は注意

夜は花粉の飛散量は少ないので花粉が付着する量も日中の半分以下になるからですが、
風が強いと地面に落ちた花粉がふたたび舞い上がります。

『夜のほうが花粉の飛散量が多かった。』
なんてこともありますので、注意が必要です。

花粉の付着を減らし干す方法

花粉をまったく付着させないことはできませんが、
なるべく花粉を付着させない方法を紹介します。

柔軟剤

まずは、【レノアプラス】花粉に対する効果実験をご覧ください。

柔軟剤には、静電気の発生を抑える効果があります。
静電気が発生するとホコリだけでなく花粉も吸着しやすくするということを知ってましたか?
なので、なるべく静電気を発生させないようにすることが大事というわけです。

花粉カットスプレー

洗濯物を干す前に、洗濯物に吹きかけてみてください。
スプレーの成分である「柿タンニン」が、花粉を不活性化してなんと「90%以上」の
花粉に含まれるアレルゲンを低滅化

洗濯物カバー

洗濯物にカバーをすることで、かなり花粉の付着を減らすことができます。
・アイクォーク 洗濯物干用カバーシート
・洗濯日和 洗濯物目隠しカバー

洗濯物が乾いたあとはどうするの?

乾いた洗濯物は叩かない
花粉を落とそうと洗濯物を叩けば落ちると思われがちですが、
実は叩くことによって花粉が繊維の中に入り込んでしまいます。

叩くのではなく、払い落とすことです。
払い落すことで、花粉は洗濯物によりますが約50%落ちます。
外干しした洗濯物を取り込む前に、1枚ずつ振り払いましょう。

・掃除機で吸ったりコロコロを使って花粉をとる。

まとめ

花粉の時期は、なかなか外干しできず大変ですが、
時間帯を工夫したり、取り込みの際に掃除機をかけるなど工夫したり
便利グッズをうまく使って花粉シーズンを乗り切りましょう。

ちょっと手間かもしれませんが、
2連になっているカーテンレールであれば内側のレールに洗濯物をかけて、外側レールにビニールのような
素材のカーテンをして閉め、洗濯物の下で除湿機をかければ即席の簡易乾燥室になり直ぐに乾きます。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*