マスクをしていても化粧崩れしないためのメイク術!こうすれば外してもキレイです

スポンサードリンク

マスクはたくさんの事に役立ちます。花粉やウイルスの影響を受けないようにする事だけでなく保湿にもなりますから、頻繁に使用している人もいらっしゃるでしょう。

しかし困るのが、外した時の化粧崩れ。
気になってマスクを外せないと思う時もありますよね。
そんな時に役立つ、マスク着用時にも化粧崩れしないメイク術、ご紹介します。

mask

スポンサードリンク

マスクをする時は、控えめのファンデーションで

化粧崩れは主に、ファンデーションが原因になりますよね。

マスク着用時には、ファンデーションが落ちやすい部分とそうでない部分があるため、ムラになりやすく目立ちます。

このような事を避けるためにも、ファンデーションは保湿力や密着力の高い物を選び、ごく薄く使用する事をオススメします。

できれば、パウダータイプよりもリキッドタイプが良いでしょう。

仕上げにフェイスパウダーで押さえる場合には、多めに付けると化粧崩れが目立つため、ごく薄く小鼻や目元などをメインに使用しましょう。

特にマスクの縁やゴムが当たりやすい部分は、うすく塗るよう心がけましょう

クリームタイプのチークをベースに使う

マスクは頬に当たるため、チークも落ちやすいです。

擦れても落ちにくくなるように、まずはクリームやジェルタイプのチークでベースを作り、その上からパウダーをのせましょう。

マスクで化粧崩れしないリップメイク

マスクの中の唇は、たっぷりとグロスを使用すると、マスクに付いてしまうだけでなくヨレて唇以外のところに付いてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

マスクをする時のリップメイクは、うるおい成分配合の口紅がオススメです。

また、ティントタイプのリップクリームや口紅は、唇に直接色が付くため落ちにくく、便利でしょう。

自分の肌色やメイクに合った色味が見つかれば、かなり役立ちますよ。
ただし、乾燥しやすい物もあるため、保湿系のリップクリームを併用すると良いでしょう。

また、落とし残しがあると肌に悪影響ですから、クレンジングはしっかりと、かつ優しく行いましょう。

アイメイクも崩れやすい!?

唯一見えている目元部分のメイクを丁寧にする事で、印象も変わります。

アイメイクはしっかり目にしておくと、マスクに隠れた部分を薄めのメイクにしていても気になりません。
しかし、マスクの上方から湿気が漏れると、アイメイクも崩れる可能性があります。

アイシャドウに濃い目の物を使用すると、崩れた時に汚く見えるだけでなく、疲れたような印象になるため、できるだけナチュラルな色を使用しましょう。
また、マスカラはウォータプルーフタイプ、アイライナーはリキッドタイプが化粧崩れしにくいでしょう。

まとめ

マスクは、冬から春にかけては特に必需品。
化粧崩れにくいメイク術を行えば、マスクの着用時の心配も減ります。

ただし、あまりにもマスクの中が蒸れていると感じた場合には、新しいマスクに変えましょう。

最近ではメイク崩れしにくいマスクと言う物も出回っていますから、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*