札幌雪まつり!日程とみどころチェック寒さも吹き飛ぶ興奮を

スポンサードリンク

寒い季節にもイベントで楽しみたい、と思いませんか?

この時期にはやはり、札幌雪まつりが外せませんよね。

今や、日本人だけの楽しみではなくなった観光スポットですから、一度は
行ってみたいイベントですし、何度でも行きたくなるような魅力もあります。

そんな札幌雪まつりを楽しむために、日程はもちろん、みどころを
確認しておきましょう。

yukimaturi

スポンサードリンク

札幌雪祭りの日程をチェック



札幌雪まつり、大通会場・すすきの会場は、
2016年2月5日(金)~2月11日(木・祝日)

つどーむ会場は、
2016年2月5日(金)~2月18日(木)

という日程で楽しむことができます。



大通会場では雪と氷のみで創られた神秘的な雪像の世界を、すすきの会場では
「すすきのアイスワールド2016」として、氷で作られた彫刻が数多く展示
されています。

つどーむ会場は、9時~17時の間、滑り台やスノーラフトと体を使って楽しむ
ことができる会場。

スノーラフトでは、スノーモービルに引かれ雪道を走る事ができるため、お子様
だけでなく大人になっても雪遊びを楽しみたくなるイベントです。

一番の見どころは、やはり大雪像

札幌雪まつりに行くなら、みどころをチェックしておきましょう。

必ず観ておきたいのは「大雪像」。メイン会場以外にも3会場に渡り、毎年
約200体の雪像が展示されていますが、その迫力と美しさに圧倒されるのが
大雪像でしょう。


どのような物が展示されるかは毎年変わりますが、幅20~30mもの大きさに
なると予想されますから、想像をはるかに超えるのではないでしょうか。

日中は日の光の下、夜は幻想的なライトアップに、どちらも観ておきたい代表的な
作品です。

必ず観たいライトアップ

日中の雪像も美しいですが、夜にも違った美しさを観る事ができます。
特に、さっぽろテレビ塔から観る景色は圧巻です。

2013年からはプロジェクションマッピングも行われ、かなりの人気を
博しています。2014年には3箇所で行われましたが、その年ごとに変わる事と
混雑が予想されるため、会場へ向かう前にチェックしておきましょう。

また、すすきの会場ではネオン街の光とあいまって、より一層魅力的な光に
包まれる事ができますよ。

意外なみどころ、雪像破壊

札幌雪まつりでは、長い期間かけて作られた素晴しい雪像をたくさん観ることが
できます。

しかしそれだけではなく、最近ではその美しい雪像を、豪快に破壊する作業を
見物に行く人もいらっしゃるとか。

雪まつり終了日の翌日、ショベルカーを使って壊されていく雪像を見る事が
できるのです。

この作業、午前中であっという間に終了してしまいう可能性が高いため、
計画的に早起きをしましょう。

最後に

札幌雪まつりは冬の大きなイベント。
早いうちに日程とみどころを確認し、計画的に楽しみましょう。

北海道には他にも「旭山動物園」や札幌雪まつりと同じ時期に行われる
「小樽雪あかりの路」も開催されます。

夜9時までロウソクの無数の明かりに囲まれ、また違った美しさです。

非日常的な雰囲気を味わえる雪の北海道を、余すところなく楽しみましょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*