口内炎に効く食べ物とは!

スポンサードリンク

多くの人が、口内炎で悩まされた経験があると思いますが
口内炎ができると、食べ物が口内炎にあたり痛くて食べれませんよね。

どうして、口内炎ができてしまうのでしょうか?

まずは、口内炎ができる原因を知り予防をしたいところですが
すでに口内炎になってしまっている人の為に、口内炎に効く
食べ物は何か見ていきましょう。

それプラス、口内炎にしみにくい食べ物も紹介していきます。

165959

スポンサードリンク

口内炎に効く食べ物

それは、ビタミンです。
ビタミンには色々種類がありますが、B2・B6・Cの3種類が効果的です。

これらのビタミンB群を全部同時にとることによって相互作用があり
より効果的だといわれています。

ビタミンB2

別名ーリボフラビン



ビタミンB2を多く含む食べ物は
・うなぎの蒲焼き
・卵
・魚肉ソーセージ
・納豆
・豚レバー
・牛レバー
・海苔
・ほうれん草
・しいたけ
・モロヘイヤ
・サンマ
・アボガド
などに多く含まれています。

効果としては、
皮膚や粘膜の保護を行う働きがありまた、炎症の痛みを
和らげてくれますので口内炎には有効です。


・脂質を分解しエネルギーに変換してくれる・・・ニキビ予防・ダイエット効果
・有害な過酸化脂質を防いでくれる・・・老化防止
・余分な脂肪をつけにくくしてくれる・・・ダイエット効果

健康な状態を維持してくれます。

ビタミンB6

別名ーピリドキシン



ビタミンB6を多く含む食べ物は
・まぐろ
・メロン
・バナナ
・鶏ささみ
・レバー
・キャベツ
・大豆
・卵
・かつお
効果としては、
脂質・炭水化物の代謝を助け口内炎に有効
・タンパク質をアミノ酸に分解し良質なタンパク質を作ってくれます。
・脂肪肝の予防
・動脈硬化の予防
・精神と身体を安定させるセロトニンという脳内物質を作り出してくれます。

ビタミンB6は代謝を促進し、免疫機能を正常に維持する働きを持っています。

ビタミンC

ビタミンCを多く含む食べ物は
・ピーマン
・パセリ
・ブロッコリー
・カリフラワー
・芽キャベツ
・イチゴ
・オレンジ
・アセロラ
・柿
・グレープフルーツ
・パイナップル
・トマト
・小松菜

効果としては
・細菌やウィルスへの抵抗力を高める
・口内炎の治りを早くしてくれる
・ストレスを和らげる効果
・口内炎の予防効果

口内炎にしみにくい食べ物は

クリームシチュー、クリームリゾット、コーンポタージュ、茶碗蒸し、雑炊
お粥、ゼリー、プリン、ヨーグルト、牛乳、はちみつ、豆腐などです。

やんわりしていて、ほとんど噛まずに食べることができるものがほとんどですね。
味付けは、醤油や塩などを少なくして、シンプルな味付けにしましょう。

元来醤油と塩は、口内炎にしみる調味料です。 クリームシチューが野菜との結び付けも
素晴らしく、ビタミンをたっぷり摂取可能でオススメですが、クリームシチューみたいな
熱いものはしっかり冷まして召し上がってください。火傷でもしたら、大変です。

最後に

食べることができるものや飲めるものを食し、数日間を何とかすることが大事です。
口内炎が治ったらいつもと同様に、栄養バランスのいい食事をとりましょう。
ピークは3日、長いとしても1週間です。

口内炎でつらい時には、歯みがきは大変ですが、口の中が汚れていると口内炎は
できやすいので、うがいや歯みがき等、口の中をきれいに維持することや、
口腔内が乾燥することがないようにするのも覚えておきましょう。

また睡眠をキッチリとって疲れが溜まらないよう努め、気持ちの切り替えを
上手くしてストレスを残さない、決められた生活を行なうこと等も肝心だと思います。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*