風邪の予防に効果ありの食べ物5選とは?

スポンサードリンク

ウォーキングなど適度に運動もしていて、体の休養・睡眠にも十分注意し、外ではマスク
外から家に帰宅後など手洗いうがいなどしていますがそれでも風邪をひいてしまう。

風邪の予防を食べ物でなんとかしたい!
そこで、風邪を予防する食べ物について紹介します。

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s

スポンサードリンク

風邪の予防には?

風邪のウイルスに勝つためには、免疫力を高める必要があります。
免疫力を高めるには、偏食を避け、バランスよく栄養をとるっていうことが
大切だということを知っておいてください。

バランスのよい食事をすることが一番です。

風邪の予防効果を高める食べ物5選

納豆
血行促進に良いビタミンE、カルシウム・植物性たんぱく質が豊富で免疫力もUP
体力維持や回復に役立ちます。

ネギ
風邪を予防する働きがある硫化アリル、殺菌作用があるネギオール
成分がが含まれています。昔から「風邪にはネギが良い」と言われていますが
このような成分がネギに入っていたからだと思われます。

ニラ
風邪の原因菌を殺菌するアリシン、疲労回復に効くビタミンB1が含まれています。
免疫力もUP。

かぼちゃ
昔から「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言われている野菜で
カボチャは緑黄色野菜の王様とも呼ばれるほど栄養価が高いです。
粘膜の乾燥を防ぎ、細菌感染に対する抵抗力を高めるビタミAが含まれています。

牡蠣
亜鉛を含んでいて新陳代謝を活発にし免疫力UP、疲労回復。
たんぱく質や基礎体力を高めるヨウ素も豊富に含まれています。
粘膜の健康を保つビタミンAを体内にとどめ、喉の痛み・鼻水・鼻づまりなど
風邪の症状を緩和します。

風邪の予防効果を高める栄養素

ビタミンC(野菜や果物に多く含まれる)
ウイルスへの抵抗を強め、体内に進入したウイルスの活動を防ぎます。
また、のどや鼻の粘膜を強くします。

いちご、みかん、キウイフルーツ、じゃがいも、さつまいも
ブロッコリー、レモン、パセリ、ケール、ピーマン、アセロラジュース


ビタミンB
糖質を体のエネルギーかえる、鼻やのどの粘膜を強化する

納豆、牛乳、乳製品、うなぎ、カツオ、マグロ、牡蠣

ビタミンA(緑黄色野菜に多く含まれる)
免疫機能維持・皮膚や粘膜などの健康維持

にんじん、かぼちゃ、チンゲン菜、ホウレン、レバー、ウナギ

タンパク質(魚介類、肉類、大豆製品、卵などに多く含まれる)

最後に

体温が下がると免疫力が低下するので、できるだけ温かいものを食べるようにしましょう。

サプリメントだけで栄養素を補うことはあまりオススメしません。
どうしても、風邪を引いて食欲がない場合には良いですが、サプリメントは
あくまでも、補助食品ということをお忘れなく。

バランス良く食事をして、風邪を引かないように心がけしましょう。


ワンポイント
冷却ジェルシートはおでこに貼るというイメージですが熱を下げたい(解熱)
なら、首・脇の下・内ももの大きな血管があるところに貼ると効果的です。
おでこに貼ると気持ち良くて、熱を下げてるような気がしますが効果はあまり
ないようです。


風邪ではないけど咳がとまらない方は
↓ ↓
どうする?咳が止まらない夜にすべき事とその理由


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*