喪中はがきはいつまでに出すの?マナーは?

スポンサードリンク

その年に身内が亡くなった場合、喪中のはがきを出さないといけないですよね。
身内に不幸があったことを知っている方もおられ理解されてくれてると思いますが、
やはりなんの挨拶もしないというのはどうかなと思います。

じゃあ、いつまでに出すの?マナーは?などと悩むことがあるかと思いますので
喪中はがきに関することについて調べてみました。

c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s

スポンサードリンク

喪中はがきとは

その年に身内の不幸があり、喪に服するために新年の挨拶をご遠慮することを
知らせる挨拶状のことです。

では、喪中はがきは何親等までが出すか気になりますが二親等までが一般的
最近では、二親等の祖父母の場合は出さなくなっているようです。
両親・配偶者・子・兄弟姉妹・配偶者の両親は、ほぼ出していて
祖父母・配偶者の祖父母・兄弟姉妹の配偶者・配偶者の兄弟姉妹は、出したり出さなかったりしているようです。

喪中はがきはいつまでに出すの?

一般的には、年内までとなっているようですが、11月中旬から遅くても12月初旬まで
には届くようにすればよいと言われています。

私的には、先方が年賀状を投函するまでに出すことが礼儀と思っていますので
年賀状の発売は毎年11月15日なのでできれば11月末までには届くように
出したらいいなと思います。
もし、12月になって身内に不幸があった場合には喪中はがきは出さずに
年が明けて寒中見舞いをお礼を兼ねて出しましょう。

喪中はがきについてのマナー

【喪中はがきをもらった場合】
年賀状は出さずに、松の内(1月7日)が明けてから寒中見舞いを出します。
しかし、年賀状を出さないことで終わらせている方が多いようです。

喪中はがきを出す相手から喪中はがき届いた場合は
相手が喪中であるかないかは関係なく喪中はがきを出すべきです。


【喪中を知らなかった方から年賀状が届いた場合】
松の内(1月7日)が明けてから寒中見舞いを出します。
お礼と喪中であったことなどを付け加えて書きましょう。

【句読点を付けない】
儀礼的な挨拶状(喪中はがき、年賀状や暑中見舞い)では、句読点は付けません。
文章の読解力がない人に出すということになり、逆に失礼に当たるとの見方もあり
相手に敬意を払い、使わないのが一般的です。

【喪中はがきには、年賀欠礼意外のことは書かない】
結婚報告、引っ越し、退職しましたなどの近況報告や
お祝い事などは書かないように注意しましょう。

【故人の年齢記載】
一般的には数え年、最近では満年齢での記載も多くなっているようです。

【夫婦連名で出す際の続柄は?】
ご主人から見た続柄が一般的です。
喪中はがきを受け取った方がどちら側か分かりやすくしましょう。

最後に

喪中専用のはがき(胡蝶蘭)や弔事用切手は、郵便局で購入できますので間違っても
年賀はがきは使わないように。

どのように書いたら良いか分からない場合は
「喪中はがき テンプレート」「喪中はがき 文例」で検索すれば、
いろいろなテンプレート、文例がありますので参考にしたり活用できます。

また、ネットでも喪中はがき印刷の注文も出来るので利用してみてはどうでしょうか。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*