布団をコインランドリーで洗濯できる?

スポンサードリンク

最近、布団をコインランドリーで洗濯している光景をよく見かけるようになりましたね。

実は私も最近というかここ数年、布団なんか洗ってなくてダニが繁殖しているのではないか
と思うようになり、コインランドリーで洗濯しようかと検討中です。

laundromat-708176_1280

他に、匂いが気になりだした・おねしょで布団が汚れてしまったなどで布団を洗いたい
でも、専門の業者に出したり、クリーニング店へ出すと料金が高いなどと考えている人が
結構いるみたいですね。

手軽で安く布団をコインランドリーで洗濯できないか
自分の家の布団は洗えるのか、疑問に思っている人が多いようです。

そこで、最低限知っていないといけないことを調べてみました。
関連記事
コインランドリーでの羽毛布団の洗い方・乾燥法の注意点!

スポンサードリンク

布団をコインランドリーで洗える?

布団といっても色々種類があり、綿布団・羽毛布団・羊毛布団などがあり
コインランドリーで洗濯できる布団もあればできない布団もあります。
まずは、自分の家の布団の素材を知っておくことが必要です。

洗えるか洗えないかは素材で決まります。

コインランドリーで洗える布団の素材

下記の素材でキルティング加工された布団
(キルティング部分に接着剤を使用した布団はやめた方が良いです。)

・ポリエステルやアクリルなどの化学繊維

・羽毛 但し、側生地(がわきじ)がシルクだとダメ

・羊毛/ポリエステル=50/50の混紡
(混紡とは、2種以上の異なる繊維を混合して糸にしたもの)
ポリエステルなどの化学繊維との混合素材(少し縮む場合もあります)

洗濯できるとは言っても、販売業者さんからはコインランドリーで洗濯を推奨されている
訳ではありませんので、自己責任でお願い致します。


気に入っている布団とか、高級な布団など洗濯を失敗したくない方は、
やはり専門の業者さん・クリーニング店に依頼しましょう。

コインランドリーで洗えない布団の素材

羊毛100%、真綿(シルク)、ウレタン、綿

では、洗えない素材を洗ったらどうなるでしょうか?
興味ありませんか?

まずは、羊毛から。

水に濡れると、スケール(髪の毛のキューティクルみたいなもの)が開き
強く洗うと収縮しますが、やさしく洗うと収縮しません。
余談ですが、ウールは洗濯不可とよく聞きますが手洗いはOKというのはこの為です。

真綿(シルク)

毛羽立ったり、黄変したり色落ちします。
偏ったり、団子状になって戻りません。

ウレタン

スポンジ状になっているので水洗いをすると、きちんとすすげませんし
きっちり乾燥するのにかなり時間を要します。それに熱に弱い素材です。
クリーニング店でも断られることがあるようです。

綿

洗うと綿が固まってしまいます。
どの素材でも、キルティング加工していないと素材が偏ります。


洗濯後の布団乾燥は充分にしましょう。

布団の中身は、なかなか乾かないので表面だけで判断してはダメです。
布団の大きさなどものによりますが乾燥機でしたら、できれば1時間位かけて
乾燥するとベストだと思います。

天気の良い日なら乾燥機の時間を30分位にして天日干しで充分に乾燥させましょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*